superyugosblog

人生や生活を豊かにするハックをゆるく書いていきます♬

Osaka-city

【大阪市のゴミ出しルール】分別する必要はありません。

投稿日:2019年7月27日 更新日:

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

僕は大阪市内に住み始めてもう1年目になるのですが、大阪市内に住んでみて最も良かったことがあります。

それは、「ゴミ出しルールが超甘い」ということです。

しかも大阪市公認です。

僕はけっこういろんなところに住んできましたが、こんなにゴミ出しルールがゆるい都市は大阪市だけだと思っています。

はっきり言って、ゴミの分別って日常生活においてものすごくストレスではないですか?大阪市では何も考えずにゴミをそのままポイできるので超ストレスフリーです。

では早速見ていきましょう。

 

【大阪市のごみ分別の現状】

大阪市のゴミ分別は、大きく分けて「普通ごみ」「資源ごみ」「粗大ごみ」の3つです。

ではどのようなものが普通ゴミとして捨てられるのかを見ていきましょう。

以下のイラストに書いてあるものは全て「普通ゴミ」として出せます。
 

 
つまり、小型電化製品や生ゴミも普通ゴミとして迷わず出せちゃいます!

ムダなことに時間を取られることがありません。

大阪って本当に最高なところですね



ですが、空き缶や空き瓶などの「資源ごみ」や「粗大ごみ」に関しては普通ゴミで出すことはできません。

その点のみ注意しましょう。

  

【なぜこんなにも大阪市はゴミ出しルールがゆるいのか】

いろいろ調べてみた結果、大阪市のゴミ出しルールがゆるい理由は主に2つほどあるようです。

・高機能の焼却炉があるから。

・大阪市は財政状況が赤字だったことから、ゴミは燃やすのが1番安く済むから。

 

まず1つ目の、高機能の焼却炉があるということですが、これは知り合いがけっこう言っていました。

「大阪市は焼却炉の温度が高いから何でも燃やせる」と。

絶対にそんなことないと思っていましたが、調べてみると本当にそうだったようです。

実際に以前、兵庫県のダイオキシン問題が起こった際も大阪のゴミ処理場で処理されていたようです。

 

2つ目の理由は、燃やすのが一番安いからということでした。

回収する際は分別している(分別しているように見せかけている)ようなのですが、燃やす際は全部一緒らしいのです。

確かに、燃やすのが一番安いし、手間もかかりませんからね。

  

【まとめ】

結論、大阪市はゴミ出しルールが激甘です。

めんどくさいことをしなくていいのはとても最高なことです。

ですので僕はこれからも大阪に住み続けます。笑

今日もお読みいただきましてありがとうございました。
明日もお楽しみに!
by Superyugosblog

現代社会の必須スキルであるプログラミングについて興味がある!という方は以下のボタンよりカウンセリングをお申込みください。
非常に熱心なカウンセラーの方が話をして頂けます。
もちろん無料で行うことができます。
収入を上げたい方、キャリアアップされたい方はぜひ。
かなりおすすめです。
(※現在コロナウイルスの影響により、オンラインでもカウンセリングが可能なため、自宅でもカウンセリング可能です。)



-Osaka-city

執筆者:


  1. nobowsr より:

    天王寺を歩いてホンマにわかる。なんでも生ゴミで出せる。最低な市制ですね。吉村さんIRだけにチカラを入れてる場合じゃない。

  2. 金持ちマイラー貧乏マイラー より:

    これは僕も思いましたね。

    何で分別してるのかと。

    燃やす時は一緒ということを先に知っていたので。

superyugo へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした